眠くならない花粉症の薬Halodin

花粉症・抗ヒスタミン剤 情報

眠くならない花粉症の薬Halodin

最近ではすっかりメジャーになった病気が「花粉症」です。
花粉症はアレルギー性の病気ですが、数十年前まではあまりメジャーな病気ではなかったように思います。
では、なぜ最近になって花粉症の人が増えたのでしょうか。
原因として次のようなことが考えられます。

「スギ花粉の増加」戦後に大量にスギが植えられ、それが今花粉を出すところまで成長したため。
日本の土は強い酸性を持っています。
一説によると、戦後、焼け野原になってしまった国土をなんとかしようと植樹が考えられましたが、日本の土壌は強い酸性のため、酸性の土にでもうまく成長する杉が植えられたとされています。
「自動車の排気ガス」排気ガスを吸うと花粉症になりやすくなります。
「食生活の変化」食が欧米化し、動物性タンパク質、動物性脂肪を摂り過ぎると花粉症になりやすくなると言われています。
「生活リズムの乱れ」生活が不規則になり、体がストレスを感じるようになります。
ストレスはアレルギーを起こしやすくすると言われています。
「アスファルトの道路」アスファルトでは花粉がいつまでも残り、風が吹くたびに花粉が舞い上がるため。
「良好過ぎる衛生状態」 インフラ整備が進み、衛生状態がよくなるにつれて免疫が活躍する機会が減ったため、花粉程度の異物にも反応するようになってしまった。
などが原因で花粉症になってしまう人が増えたとされています。
では次は花粉症の治療薬について見ていきます。

「Halodin」・・・アレルギー症状を引き起こす原因である「ヒスタミン」と呼ばれる物質をブロックし、アレルギー症状を抑制するという効能があります。
この「ヒスタミン」が原因となり、花粉症などのアレルギー症状がおこります。
「抗ヒスタミン薬」と呼ばれる薬にクラリチンがあり、花粉症の症状を抑える効果があります。
そのクラリチンのジェネリック製剤がHalodinです。
花粉症対策、鼻炎対策に最適な薬です。
アレルギー症状が出た際、何度も何度も服用するタイプではなく、副作用が少ない上、持続性があるため、1日1回のみの服用で問題なく効果を発揮してくれる優れものです。
また、ジェネリッククラリチン(Halodin)は、「抗ヒスタミン薬」の中でも眠気が軽減されたとされる、世界で最も消費されている第二世代抗ヒスタミン薬の一つです。

花粉症・抗ヒスタミン剤 情報新着情報